インタビュー内容テキスト

外科手術をして、10日ほど入院して、その後、まあ1ヶ月間、自宅療養して、で、その後に、抗がん剤治療を、3週間に1ぺんを4回やりまして、で、その後、放射線治療を、25回プラス5回っていうことで30回。それは、地元の――その、がんの専用、専門の病院っていうのはちょっと遠くて、新幹線で行かなきゃいけないようなとこだったものですから――地元の、で、放射線は毎日通わなきゃいけないんで、地元の病院を紹介していただいて、そこで放射線治療を受けました。
仕事に行く前に1時間くらいかな。1時間くらい、その専門の病院から、近くの地域の病院に、指示を出してもらって、それで、30回。それは、仕事に行く前に行って、終わると仕事に行く。
で、「何か白血球が下がってくるよ」っていうことだったんですけれど、あまりその影響はなかったですね。そうですね。そんなに下がらなかったのかな。抗がん剤のときには2700とかってなっちゃったけど、でも、放射線治療のときには、3500から4000ぐらいあったと思うので。なもんで、「そういう副作用もあるよ」っていうのは、最初は聞いてたけれど、まあ、そのときはそんなに感じなかった。
で、それから、半年に1ぺん、今も、その、胸の(放射線)――要は肺に近いっていうことで、何かしら出るかもしれないということで――半年に1ぺん、今、その放射線を受けた病院に、検診に行ってます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言