インタビュー内容テキスト

本当にこの病気を本気で治す――まあ、当然、今の状態でも治そうとは思ってるんですけどね――そのためには、もう仕事は辞めてね、別の人生を歩む方向に考え直さなきゃいけないのかなとも考えてる。だけど、それには経済が追い付かないとかって。
今までも決してそんな贅沢してたつもりはないんですけれど、やはり、高額医療で返ってくるんですけど、結構かかるんですよ。で、私が保険に入ったころのがん保険って、今みたいに一時金が出るとか、通院でも出るとかっていう保険じゃなくって、入院治療のときに出る保険。だけど、入院はうんと短いんですよ(笑)。だけど、その後の治療がうんと長い。で、まずその治療費も捻出しなきゃいけない。
で、まあ、それなりの今の会社だから、2万円以上かかった分は返ってくるので、まあまあいいんですけど、これが国民健康保険だと(自己負担限度額は)5万までですよね、高額医療。5万以上の分しか(返ってこない)。だけど、仕事を辞めちゃって国民健康保険になって、5万の毎月の治療費って出せるかしらっていう、そういう心配。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言