※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

診断時:47歳
インタビュー時:51歳(2008年2月)
東海地方在住。2004年、乳がんと診断され、右乳房温存術、追加切除術、抗がん剤治療、放射線療法を受けた。2006年、骨転移で放射線療法と抗がん剤治療を受けた。2007年、肝転移、胸膜転移で抗がん剤治療を開始。金融機関に勤務し、休職と復職を繰り返してきた。治療中に夫と義父を看取っている。

詳しいプロフィールを見る

やはり、主人が亡くなったことでも、あの子たちは十分ショックを受けているんですね。で、なおかつ若くして両親を亡くしてしまうんではないかっていう不安を与えたくない。
あの子たちにしてみると、まあ、あの子たちも子どもじゃないから、自分なりに「がん」っていうものとらえてると思うんですね。深くは知らないまでも、で、きっと調べてるかなって思いもする。だから、弱気な私を見せてはいけない。もうそれはね、主人が病気になったくらいから、ずっとそうだったんですけどね。「私は大丈夫」っていう、ずっとお母さんで来たので…
娘に一度、そういうふうに言われたことあるんですね。「いいんだよ」って、「自分にぶつけてくれて」っていうようなことあったんだけど、でも、2回目の転移のときに、ちょっと娘が精神的に落ち込んでしまったときがあって。あれ見たら、「やっぱ駄目だ」って思っちゃって。うん。
その前も、でも、私もちょっとこう、あの子にイライラをぶつけたりなんかしちゃってて、あの子はあの子なりにきっと悩んでて、いっぱいいっぱいだったのかもしれない。それで、私がまたそうやって転移しちゃったっていうことで、ドカンって来ちゃったのかもしれない。「そうだよな。まだ大人大人とは言っても…」と思いました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12193 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(42) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(42) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る