インタビュー内容テキスト

スポーツジムに通ってたんですね。で、結構、マシン使ってハードにやるのが好きで、あるとき、腰が痛くなっちゃって、「あ、やりすぎちゃった。筋肉痛かな」って思って、1ヶ月ぐらい、「ああ、痛い、痛い」って言いながらもマシンをやってたんですね。だけど、あまりにも痛いもんで、おかしいと思って、開業医の整形外科に行って、レントゲン撮ったら、「ちょっと変じゃない?」って、もちろん病気(乳がん)のこと言ってあったから、そうしたら、「すぐ検査受けてもらってください」って言われて。あ、そんときの対応がちょっと「ん?」って思ったんだ。で、そんときには、もう3ヶ月に一遍。いえ、半年に一遍の検診になってるときだったんで、それがね、10月だったんですね。痛いって分かったのが。で、12月に検診だったんですよ。で、そのときに病院に(電話して)「整形外科でこう言われちゃったんですけれど、すいません、検査に行きたいので検査の予約を入れてください」って言ったんだけど、「もう予約が取れません」って言って、結局、最初から決められてた検診のときに。治療も何もないときだったので、そういう状態だと(定期的な診察は)ただ問診だけじゃないですか。そんな半年に1遍で。「ともかく、レントゲンも頂いてるので、もしできれば、(骨の)検査を入れてください」って言ったんだけど、そのとき、「まあ、先生が見てから」っていうことだったんですね。
で、12月の最初から予約してあった日に行って、先生にレントゲンを見てもらって、で、すぐ骨シンチっていうことで(笑)、骨シンチやったら分かった。まあ、それが本当に混んでなければね、もっと早くに検査してもらえたんだろうけれど、そのときはちょっと、「えー?」って思いましたけどね(笑)。でも、先生も「そんな骨転移するとは思わなかった」みたいな口ぶりだったんですよね。うん。腫瘍マーカーも高くなかったし、なもんで、先生に「腫瘍マーカー、高くないのに、こうやってできちゃってるんだけど、なぜ高くないの?」って言ったら、「うーん、あんまり当てになんないのかな」とかって(笑)言ってましたけどね、そんときには。「腫瘍マーカーってあまり当てになんないのかな?」って思いましたね。うん。それで分かりました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言