※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:47歳
インタビュー時:51歳(2008年2月)

東海地方在住。2004年、乳がんと診断され、右乳房温存術、追加切除術、抗がん剤治療、放射線療法を受けた。2006年、骨転移で放射線療法と抗がん剤治療を受けた。2007年、肝転移、胸膜転移で抗がん剤治療を開始。金融機関に勤務し、休職と復職を繰り返してきた。治療中に夫と義父を看取っている。

みんなと話をしていて、乳がんの話になって、で、そのころ、こう、何となく世間も、乳がん、乳がんって言い出してたんですね。で、いろんな市町村が、35歳以上でしたか? 30歳以上ですか? 「検診を受けましょう」みたいな、そういうふうになってて。で、話題がそうなったんで。で、友人に言われて、そう、ちょっとこう、自分でも触り出したんですね。そしたら、「あれ、硬いのがあるかな」って。だから発端は、やっぱり検査受けてみようと思った発端は、友達との話の中から。で、それから意識して触ったり、こうやって(腕をあげて)ちょっと調べたら、「あ、引きつれてる」って思ったんですね。それで、検診に行こうと思いました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧