※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:43歳
インタビュー時:50歳(2008年7月)

近畿地方在住。2000年冬に集団健診で右乳がんを発見。乳房部分切除+腋窩リンパ節郭清、腹直筋皮弁による乳房同時再建術、放射線療法とホルモン療法を受けた。 母親と姉と3人暮らし。発症当時は自分の事務所を持って、グラフィックデザイナーとして活躍。現在は、乳がんの啓発活動に積極的に取り組んでいる。

同時再建の場合は、その日のうちに終われたらいいって、まだ早いほうって言われまして、朝一番の手術で入って、次の日になって、まあ12時ごろ、1時ぐらいだった、かな。うん、ちょっと記憶があやふやなんですけども、あの、母親は終電に間に合うか間に合わないかっていうぐらいに、先生に、形成の先生に説明を聞いたっていうような記憶があるんで、確かに朝一番に、朝一番の手術で…手術になったんですけども、もう最終ぐらいになったと思います。遅くなった。12時間ぐらい。
普通の外科手術っていいますか、あの、がんを取るだけより3日か4日ぐらい伸びたと思います。それでも1週間かちょっとぐらいだったので、最初に言われてたのはもう少し、10日近くだったかな、大分ちょっと記憶が薄らいでいますけども、なんですけども、あの、最初に先生がおっしゃった期間よりちょっと短く、私は退院できました。それでもやっぱり普通の手術よりはちょっと、手術っていいますか、がんを取るときよりは長かったと思います。

――おなかの痛みは?

おなかの痛みは、そうですね、まさに切腹っていうのはこういうものかなという感じで、あの、今まで経験したことのない鋭い痛みっていうのは感じました。で、ときどきほんとに思い出したようにこうズキッという激しい痛みですね。で、あの、胸のほうも痛みはあったんですけども、深い痛み、鈍痛的な感じがしてたんですけども、おなかのほうはもうまさに切腹、多分鋭い刃物で切られた状況っていうのはこんな感じかなあとか思いました。あの、当然あの、中の、ただ単に切るだけじゃなくて、中の脂肪とかそういうのは取ったんでしょうけど、私自身が感じたのはまあそういう鈍い痛みもあるんですけども、なんか切り傷の痕の痛みっていうのが印象的に残っています。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧