※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:43歳
インタビュー時:50歳(2008年7月)

近畿地方在住。2000年冬に集団健診で右乳がんを発見。乳房部分切除+腋窩リンパ節郭清、腹直筋皮弁による乳房同時再建術、放射線療法とホルモン療法を受けた。 母親と姉と3人暮らし。発症当時は自分の事務所を持って、グラフィックデザイナーとして活躍。現在は、乳がんの啓発活動に積極的に取り組んでいる。

実は、乳がんと言われて、手術って言われても、やっばり、お医者の判断がどうこうっていうより、それを受け入れたくないっていうのがあって、他のお医者さんにも聞きたいっていうのがありました。
やっぱり他の方もそうだと思うんですけども、百人に言われたら、「ああそうかな」っていう、なんか自分の中の踏ん切りというか、諦めというか、それだったんですけれども。
で、まだその最初に診ていただいた先生にかかっている間っていうか、具体的にもう少し詳しく聞きたいなあと思った段階で、セカンド・オピニオンを探してまして、そのまだセカンド・オピニオンという言葉も当時はまだ知らなかったんですけども、実は姉の友だちが乳がんで、そのときに、メーリングリストで、ボランティアのお医者さんと患者さんとで、こんな症状があるんですけど、先生どうでしょう?みたいな話を、言えば、ボランティアのお医者さんが実はこうじゃないかなっていう話をしていたんですけども、そういうのがまだコミュニティサイトとかブログとか全然ない時代で、まだメーリングリストだけだったんですけども、そういうのを私の姉の友達が乳がんでやってたもんで、そこの情報から、それだったら、「こういういい先生いてるよ」っていうことで、「その先生に聞いてみたら」っていうことで、その先生にセカンド・オピニオンを求めていったんですけども。その、セカンド・オピニオンを求めて、診察を受ける前に、その一番最初の先生と、何て言いますか、病院と、ちょっと信頼関係を築けなかったので、セカンド・オピニオンの先生に診てもらう段階で、「先生、すいません。ちょっともう、前の先生にちょっと、見放された状態だったんで、先生のほうで手術お願いします」っていう形になったんですけども。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧