インタビュー内容テキスト

今まで、デザイナーでずっとお仕事をしてきてまして、まあ病気になって、あ、同じことを続けなければいけないっていうか、続けるのかな、と思ったときに、もう素直にもうそれは嫌だと思ったんですね。確かに自分が好きでこのデザインの仕事をやって、いろいろな企業さんの広告とかデザインとか、本当にそれは好きでやってるんですけども、同じことは嫌だ、とにかく同じことは嫌だと思って。そのときじゃあ自分が、本当の自分は何をしたいんだろうかって思って、自分を見つめ直した1年ぐらいが一番精神的にしんどかったんですけども。
そこでようやく見つけ出したのが、ほんとに自分はものを作るのが好きだということで、それは変わらない。だけど、今までの仕事とはまあ違うような、違うことをやりたい。で、何なのかなって言った場合に、今もペットがたくさん飼われてますけども、あの、大事にされてないペットもいたりして、その子たちを助けるようなことはできないかなと思って、ずっと言ってたんですけども。すでに、私より先にそういう活動をされている方がいらっしゃって、そこのワーキングセミナーっていうか、そういうところに行ったときに、ふと思ったんですね。私はここで何をしてるんやろ、確かに自分の好きな、動物のことは大切だし、何とかしてあげたいと思うけど、そんなことよりまず自分のことやろうと思ったんですね。
自分が本当にやりたいことを見つけるまでに1年ぐらいかかりました。やりたいことっていうのはイコール自分の一番避けたい部分でもあったんで、乳がんの活動っていうのに辿り着くまで、やっぱ1年ぐらいかかりました。その手前で動物の病気とかっていうところまでは辿り着いたんですけども、そこからはちょっと実は本当は自分が何をやりたいかっていうのを見ていくまでに1年近くかかって、動物の病気、ペットの病気っていうところまで来て、で、乳がん。ようやく自分が本当にやりたいっていうか、向かいたい道っていうのが見つかりました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言