インタビュー内容テキスト

放射線のほうは本当に日焼け状態になって、きれいになったんですけども、日焼け状態になるとかって言われてて、でもほんとかなっていう感じですけども、なんか後半になってると本当にもう日焼けというか、本当にもう焦げ茶色みたいな感じになって、皮膚が。そのときに、たまに痕(あと)が残る人があるよって言われてて、すごく心配してたんですけども。皮膚が爛れたり(ただれたり)っていうか、強く石鹸で擦ったら駄目だって聞かれたんで、本当にもう泡だけでこう、撫でるように滑らすようにやってたんですけれども、そのときにあまりにも、その焦げ状態というか、ほんとに、なかなか落ちなかったんで、心配して、放射線の先生に「これって残るんですかね?」って相談したら、「まあ、この今の段階でまだちょっと落ちてないようだったら残るようかもしれないなあ」とか(言われて)、すごく心配だったんですけれども。私はその同時再建のときに形成の先生にも、診ていただいてたんで、形成の先生に診ていただいたら、逆に「体洗ってる?」 とかって言われて。「不潔になるよ」とかって。
えーっと思って、あ、じゃ、ちょっとこすってもいいんだって思って。それから、あの、帰ってもう恐る恐る、本当に、あのかさぶたを剥(は)ぐような感じで、あの、そーっとやってくと、なんかこの本当にこう、少しずつきれいな皮膚っていうか、顔を覗かせてきて。あ、ある程度はこすってもいいんだなという…なんかあとで笑い話になるんですけれども。逆に大事にしすぎて、日焼けあとをずっと長い間残してたっていう感じで。ちょっとずつでも、落とせばいいんだなあと思って。それは、放射線のほうは大丈夫でした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言