※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー25

診断時:43歳
インタビュー時:50歳(2008年7月)
近畿地方在住。2000年冬に集団健診で右乳がんを発見。乳房部分切除+腋窩リンパ節郭清、腹直筋皮弁による乳房同時再建術、放射線療法とホルモン療法を受けた。 母親と姉と3人暮らし。発症当時は自分の事務所を持って、グラフィックデザイナーとして活躍。現在は、乳がんの啓発活動に積極的に取り組んでいる。

詳しいプロフィールを見る

実際に乳癌ってわかったのは、集団検診のほうでした。そのとき、もうデザイナーとして独立していたので、区のほうで、ある年齢に達したら、無料で受けられるという、その案内状っていいますか、そういうのをいただいたんです。会社にいるときはそういう健康診断があるから、まあ積極的にしていたんですけども、フリーになってからは全然ないので、ちょうど案内をいただいたので、このタイミングで、診てもらおうと、大丈夫だろうけど診てもらおうと、そういう軽いノリだったんですけれども。で、診ていただいてちょっと「要精密検査」っていうのがあって、精密検査って言われてもまだ大丈夫だろうって感じで、忙しいから、「精密検査受けなさい」って、報告をいただいても2カ月ぐらい後になってしまったという感じだったんですよね。忙しさがちょっと落ち着いて、それで、「あ、そう言えば精密検査が要るな。じゃあ、受けに行こう」って感じで、受けました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12132 (17) { ["term_id"]=> int(14) ["name"]=> string(15) "乳がん検診" ["slug"]=> string(7) "kenshin" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(14) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(9) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(14) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "乳がん検診" ["category_nicename"]=> string(7) "kenshin" ["category_parent"]=> int(9) } }
同じテーマの語りを見る