インタビュー内容テキスト

だから、胸って2つあって1つだから、そういうふうに下着が作られてるっていうのも、なくなって初めて気が付いたんです。だから、例えば「寄せて上げる」下着とか、ああいうのもまあ付けてみたんですね、中に入れて、でも、寄せるっていうのは両方あって初めてバランスが取れて寄せられるんですよね。片っ方だと、横に動くんですよね。こう、ずずっと。だから、ワイヤー入りっていうのが何の意味もなくなっちゃったんです。だから、ワイヤー入りの下着を使うためには、逆に胸の下のゴムの部分をきつくして、そこで締めなきゃいけないんですよね。だから、普通の胸の人は両方の胸で締まって支えるものなんでしょうけど、ワイヤーの部分で。それをこう胸の胸囲で締めて支えなきゃいけないとなるとやっぱり苦しいですから、もうそれはすぐにあきらめて、それで買ってきた、昔使っていた下着なんかのワイヤーを、全部穴を開けて抜いてしまいました。うん。
それで、一番大きなメーカーの相談室に行ったんですけども、やっぱり合うものがなくて、それでまあかえって、例えばその辺にあるストッキングなんかを丸めて使ったりとか、そういうほうが使い勝手が良かったりするんですけども、でも、それだと今度どうしても動くから、で、やっぱりサイト探したら、同じような悩みの人が自分で手作り下着を作って、で、それがとても良かったから、お分けしますっていうサイトがあって、もう本当に良心的なお値段だったので、ただスポンジをこう丸く形を作って、スナップでブラジャーに留めるような簡単なものなんですけども、それが使いやすくって、それを使っています。でも、やっぱり時々重さが欲しいときもやっぱりあるんで、そういうときはヌーブラっていうんですか、今、ありますね。若い子が使っている。あれが1個ずつ分かれるので、その片っ方を2つ入れれば結構重さとか、大きくなったりとかしますし、片っ方だけのときはそんな、あの、反対側のこう、胸の、何ていうんだろう、状態にもよるんですけどね、反対側がこう、ブラジャーの状態では大きく見えるときとか、そういう下着を着けているときは2個重ねたり、リラックスしているような下着のときには1個だけ使ったり、別にちゃんとした補整用のパットじゃなくっても、何でも、何でもいいんだなとこのごろ思っています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言