インタビュー内容テキスト

 がんのことってあまり人に話せないんですよね、不思議なことに。子宮筋腫のことは、私が話したいか、話したくないかの問題で話せたんですけども、がんっていうのは話せないんですよね。だから、あのー、こう本当に限られた数人にだけ話しして、それで、本当に本当の気持ちをまた話せないんですよ。どうしてなんでしょうね。こう筋腫のときは本心を話したんです。「つらいのよ」とか、「こんなのが大変なのよ」とか。だけど、がんは「つらいのよ」って言えないんですよ。本当にほとんど間を同じような時期に2つの病気をまあ一度にやったようなもんですけども、病気ってこんなにも違うのかなと思いました。ええ。
 で、もう何で言えないのかなと思ったら、やっぱり言ってもしょうがないから言えないんですよね。で、それこそ生死と向かい合った病気だから、言えば相手は「大丈夫よ」とも言えないし、かといって、「元気出して」とも言えないだろうし、ただ、聞くほかないっていうのが分かるから、だから言ってもしょうがないんだって。だから、ただ、何というか、こう受け止めてくれるだろうと思う相手に話すことしかできないんですよね。言ったから、何か言ってほしいとか、慰めてほしいとか、そういうことも無理なのは分かっているから、そういう意味ではとても孤独な病気だなと思いましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言