インタビュー内容テキスト

あの、幸いなことに、非浸潤がんなので、リンパのほうに行ったりとかはなかったものですから、リンパは全然取ってないので、センチネルっていうんですか、あの、幾つか代表なのは採って調べましたけど、だから、全然腕のほうの問題はないです。術後も、もうすぐに重いものも持てましたし、傷がつれるので腕上げたりするのが最初のうちは若干大変だったときもありましたけど、もうそれも今は全然ないです。
ただ、ちょっと思っていたのと違ったのは、こうやっぱりあるものを取ると、そこの部分が、麻痺したようなというのかな。だから、胸があったとこの平面のところは、今は多分こう、鉛筆の先みたいなので突っついても何も感じないですね。ええ、それは初めて知りました。そういうものなのだなと思って。で、えっと、それが入院中にそれに気が付いて、先生に「何か皮膚が感じない、何も触っても分かんないんだけど」って言ったら、「あ、その感覚はもう、一生だから慣れてもらうしかないし、少しは良くなるけども、でも、一生そういうものだよ」と言われたので、あ、そうかと思って。だから、そこはちょっと不思議な、今でもまだ慣れていないので、不思議な気がしますけど。だから、そうですね。でも、やっぱり人の体っていうのは、メスを入れて元に戻るっていうことはないんだなと思いました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言