インタビュー時:22歳(2015年7月)、疼痛期間2年、診断名:複合性局所疼痛症候群( Complex regional pain syndrome:CRPS)。
関西在住の女性。ワインのビンが破裂し,破片が右手に刺さった。皮膚移植の手術後から右手中指、薬指、小指と手のひらに激痛が持続した。内服薬と神経ブロックで治療を受けたが、思うような効果が得られず,今でも火に炙られているような苦痛があり、右手を常に「グー」にして刺激を避けているため、日常生活で右手が使いにくい。現在は大学院で学業を続けている。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

須崎さん(仮名)は、大学時代の友人とパーティーをしていた時、ワインのビンが破裂し破片が手に刺さり受傷した。皮膚移植を含め3度の手術を経たが、右手の中指、薬指、小指、手のひらに激痛があり、常に火に炙られているよう、燃えているよう、電気が走るような苦痛が現在も続いている。ペインクリニックで鎮痛剤、漢方薬などを処方され,神経ブロック治療も受けたが思うような効果は出なかった。診断名は医療機関によって神経障害性疼痛や、複合性局所疼痛症候群( Complex regional pain syndrome;CRPS)だったが、最終的にはCRPSで(身体)障害者手帳を取得した

服に手が触れたり、水で手を洗ったりしても悲鳴を上げるような痛みがある。歩いた振動でも痛みが増強する。右手を常に「グー」にして刺激を避けて対処しており、日常生活で利き手の右手が使えない。荷物を持つときは極力少なくし、人と歩くときは右手がぶつからない位置に変えるなど工夫している。

リハビリテーションでボールを握る運動があったが、プラスチックのボールなのに、「手のひらに針が刺さってチクチクして痛い」など、痛みに伴う特殊な症状があった。自分でもボールを持つだけなのに痛みが生じることが理解できない。痛みのために、バイトを辞め、入院生活をしなくてはいけないという変化に慣れず、頭痛、不眠、食欲不振などが生じ、退院後も家に閉じこもりがちになったこともある。

現在の状況について、話してもわかってもらえるのかという不安と、パッと見た目で痛みがあることは全然わかってもらえないので、友人には伝えていない。友人との関係には「何か隠していることになるのかな」と思って悩むことがある。流水に触れると痛いなどと説明しても「変わった人」みたいに見られるのではないかと思う自分がいる。家族だからといって、全てを伝えているわけではないが、両親は娘が大変なことになっているということを理解しており、自分が決めた治療については何も言わずに受け止めてくれている。

なんでもできないことを怪我のせい、痛みのせいにするべきではないと思い、ちょっとぐらい痛くてもやりたいことを頑張ろうと思っている。しかし、痛みの部位が次第に広がっていった患者さんもいるので、不安はぬぐえない。20歳でけがをしてあと何十年間痛みが続くのかと思うと、これからの人生、もったいない結果に終わってしまうのではないかと考えてしまう。

痛みに対する対処について考えるとき、基準がないとよくなったのか悪くなったのか自分でもわからないので、治療やその効果などを毎日の状態を書いて残している。それを見て振り返ると、今までで一番痛いと思っているときでも実は前よりもよくなっていたんだと思えたりすることもある。自分が書いた文章なので、他人から言われるよりは自分としても受け入れやすいのかもしれない。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)