※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー37

インタビュー時:50歳(2017年2月) 疼痛期間:20年  診断名:右脳被殻出血、
右顎関節症。
甲信越地方在住の女性。一人暮らし。45歳の時に脳出血により、左半身不全麻痺になり、現在も左半身全体に強い痛みとしびれがある。強い痛み止めを飲んでいるため、足の指の骨折にも気がつかないほどである。さらに20年来の顎関節痛があり、口腔外科も受診している。現在は、頓服の痛み止めを使い、訪問看護などのサポートを受けて日常生活はなんとか自立できている。就労支援の一環で、革で小物を作る作業をしており、好きなことに集中していると一時でも痛みから気をそらすことができる。

詳しいプロフィールを見る

顎関節、まだ健常だったころに顎関節の治療の一環として、あの、うつ系の、まだうつがうつって言われる前の時代ですよね――に、あの、カウンセリングとかを含めた心療内科の紹介も受けて、そういう治療もありました。

――そのことを教えていただいてもいいですか。

うん。あの、噛みしめだったり、その仕事がきつかったりとかも含めて、あとあの、まあ日中プライベートのことでも、いろいろ多感な時期(笑)だったと思うんですけれども、あの、割とこう集中して色んなことを考えちゃう質だったと思うんですね。で、あの、夜中の歯ぎしりが…ある。それから心理的な痛みとかそういうものもあるかもしれないからということで、その当時通っていた、長くもう通っていた先生が、あの、心療内科とかカウンセラーを紹介してくれて。えっと、心理的な、その何ていうのか、食いしばり。(心理的なもの)から来るような食いしばりとか、そういうものを緩和していけば、というようなことで心療内科を紹介――カウンセラー紹介してもらったんですけれども。そのときはね、えーと、カウンセラーさんの内容というか、合わなくて。うん。なんかこう、合わないカウンセラーさんっているじゃないですか。で、余計こう何ていうのかな…自分の中に内にこもっていっちゃうような部分というのが当時あって。で、「もう無理」って思ったとき、今度はまた少しタイミングを遅らせて、心療内科の先生を紹介してくださって。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#10891 (17) { ["term_id"]=> int(94) ["name"]=> string(27) "心理・精神面の治療" ["slug"]=> string(7) "paramed" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(94) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(22) ["count"]=> int(13) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(94) ["category_count"]=> int(13) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "心理・精神面の治療" ["category_nicename"]=> string(7) "paramed" ["category_parent"]=> int(22) } }
同じテーマの語りを見る