※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:51歳(2016年7月)
疼痛期間:17年
診断名:脳幹部不全損傷

首都圏在住の男性。2001年の交通事故の後、右上半身を中心に痛みと麻痺が出た。様々な診療科を回って薬や神経ブロックなど様々な治療法を試し、回復の兆しが見え始めた2014年1月のある朝突然、激しい痛みとしびれが左半身に生じた。事故時の脳幹部損傷が原因の中枢性疼痛という診断を受け、医療用麻薬と硬膜外神経ブロックで痛みのコントロールを図るが、痛みがゼロになることは全くなく、薬の副作用で頑固な便秘になり、現在も食事がのどを通らない状態が続いている。

えーと、骨髄炎からの痛みでやっぱり苦しんでいらっしゃる方がいて――で、まあ9割お世辞だと思って、僕、笑って話しするんですけど――僕は、「死んじゃいけない、死んじゃいけない、死んじゃいけない」っていうことは何度も書いているんですね。逆にいうと、「死にたい、死にたい、死にたい」って言う人が結構たくさんいらっしゃるんですよ。で、まあ、僕の痛みがね、そんな例えばあの、「スケールで換算したら、どの程度なのかというのは大したことないかもしれないし、役に立たないかもしれない。それでもあなたが目の前で死ぬって言ったら、俺、どんな手使っても阻止するよ」っていうことを書いたのが、――まあそれ本人の口から聞いたからお世辞かもしれないですけど、――それで2人がね、…まあ女性の方が2人なんですけど。昨日の(病院で出会った)人と、まあもう1人の人は別の病院なんですけど、その2人で、1回2人で自殺考えていたらしいんですよ。でもね、それをたまたま、どうやって見つけたんだか知らないけど、僕のブログ見つけて、あの、まあ大変かどうかというのは別として、「こんな大変なのに生きてる、生きたいと思っているんだ」ってなんか思ったらしいんですよ。で、お世辞でも「じゃあ、それで自殺しなかったの?」って言ったら、「いや、そうなんだよ。そうなんです」って言うんですよ。でも、別に僕が何か労力を使ったり、手貸したわけでもないけど。あそういう「死んじゃいけない、あきらめなきゃ――あきらめざるを得ないような現状かもしれないけど、それでもあきらめない。あきらめないでちょうだい。死なないでちょうだい」っていうのが、もし届いていたらとしたら、お世辞でもね、うれしいな。それで今もね、その人たち、治療を続けてくれてるし。 昨日は、あの、逆に、いつもは僕のほうが、あの…、どっちかというとまあ笑顔でいられるというか。まあ、のほほんとしているんでそうなのかもしれないですけど、笑顔でいるほうが多いんですけど。昨日は逆に僕のほうが具合悪くて、あの、あんまりちょっとつれない感じだったんですけど。まあ帰ったら、あの、ショートメッセージくださって、あの、「昨日、病院、治療室も寒かったし、具合、あの、心配してますよ」ってメッセージくださってね。 そういうお互いに生きるっていう気持ちになること。自分だけだと別に自分だけ死んじゃえばいいやとか、で、頑張ったところで、頑張って生きるとか、生きないとかって、普通頑張って生きるとかって普段考えないですよね。でも、死ぬことって、やっぱり本当につらい人って、あの、自分の命絶つということは悲しいけど、あるのかもしれないんだなっていうことをやっぱり今回疼痛を負って、まあ時間たってみて、まあ今の今になってね、あ、実際にやっぱり死にたい人いるんだろうなっていうのも、遅かれながら知ったわけなんですよね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧