インタビュー内容テキスト

―― 先ほど、ちらっと裁判の話をされていたんで、事故、もう随分前の話ですけども、その事故のときのとか、保障とかそういうものはあるんですか。

うーん、それが結局、通勤災害だったんですけど、あの…、まあ変な話、第三者、こういう、まあ通勤災害、使ったんですけど。まああの、症状固定というのが半年とかその程度までは、まあ何とか――何とかというのも変ですけど、まあある程度は見てくれるんですけど、まあそれ以降は……。労災がね、まあ変な話ですけど、なんか認めないような動きになっちゃうんですね。……で、僕、あの、審査会まで、審査請求までしたんですけど、審査請求でだめだと今度なんか、あの、要するに…、えっと、あの当時だと労働局だから厚生労働になるんですね(*)。立場的に誰になるかわかんないですけど、それを訴えなきゃいけなくなっちゃうから。……だから、その辺のことも結構……ね、自分では、まあ正直、自分では、そのことに関しては全く非がゼロなのに、ああ、労災ってこういうもんなんだっていう嫌な思いのほうが。
僕には今もやっぱ、あの、労災に関しては、そのときの、――例えば手ケガしました。切りました。そのときの医療費だとか短期的なものに関しては、目の前のものには、あの、対応してくれるんですね。まあ労災があるだけマシっていう、労災隠ししている会社もあるぐらいですからね。だけど、長くなってくると今度とにかく打ち切り攻撃がものすごいんですね。

…そうすると、うーん、審査会の資料なんかも、僕、家にありますけど、まあそれは見る人の視点によっても違うかもしれないですけど、その事故の内容と現状と、で、何でそういうふうになったということの内容が長い文章で書いてあるんですけど、言い方、悪いですけど、めちゃくちゃですよね。役人がめちゃくちゃなことを考えて、なるべくこう、言い方、悪いですけど、救済しないで切ってやろうという意図が見えるような。

(*)労働保険審査会に対する再審査請求の結果に納得できない場合は、国を相手取って行政裁判を起こすことができる

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言