※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー29

インタビュー時:59歳(2016年9月)、疼痛期間:13年、診断名:不明
東海地方在住。女性。夫(家族インタビュー05)と二人暮らし。2002年(44歳のとき)に夫の運転する車で事故にあい、頸椎の脱臼骨折による頸髄損傷で四肢に麻痺やしびれが残る状態となった。2003年頃、ひざ下の焼かれるような痛み、指先からひじにかけての刃物で切られるような痛みが出て現在も続いている。リハビリテーション科やペインクリニックなどに連携して対応してもらうことができた。痛みがあっても、夫や娘家族などのサポートも得ながら、主婦として生活できている。

詳しいプロフィールを見る

最初のころは、痛みが出だしたころは何ていうのかな。…えーと、家に、家にいたので、訪問リハビリとかを受けていて。うん、あとは近くの病院とかに行っても、あの、「そういう痛みは神経が切れてるから仕方ない」とか、「我慢するしかない」とかっていうことを言われてて。あの、本当に何だろうな、自分としては本当拷問ぐらいな感じの痛みだったので。平日はあの、家にいて、で、土日になると主人が、そんな引きこもってたらだめだからって外に連れ出そうとするんですけれども、その30分さえも、すごいもうつらくて、1年半ぐらい引きこもってたんです。うーん、まあ理解してもらえないというか。 で、まあ最終的にはあの、訪問のリハビリの先生もすごくいい方で本当お世話になってたんですけれども、あの、「そんな痛い痛い言ってる人はもう診てあげれない」って言われて、「もう、もう来ないから」って言われたんです。もう来れませんって。で、私も体良くなりたいから、あの、リハビリとかもしたいんですけど、本当に痛くてできないときもあるんですね。でも、サボる言い訳って言われてしまうんですよね。痛いって言えばやらなくていいっていうふうに。で、そういう感じでこう意見が合わなくて、もう本当に捨てられたような状況で、まあスパッとあの、来ていただけなくなったので、もう、どうしようって途方に暮れて。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11093 (17) { ["term_id"]=> int(87) ["name"]=> string(27) "医療者とのかかわり" ["slug"]=> string(6) "medpro" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(87) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(25) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(87) ["category_count"]=> int(25) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "医療者とのかかわり" ["category_nicename"]=> string(6) "medpro" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る