※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー29

インタビュー時:59歳(2016年9月)、疼痛期間:13年、診断名:不明
東海地方在住。女性。夫(家族インタビュー05)と二人暮らし。2002年(44歳のとき)に夫の運転する車で事故にあい、頸椎の脱臼骨折による頸髄損傷で四肢に麻痺やしびれが残る状態となった。2003年頃、ひざ下の焼かれるような痛み、指先からひじにかけての刃物で切られるような痛みが出て現在も続いている。リハビリテーション科やペインクリニックなどに連携して対応してもらうことができた。痛みがあっても、夫や娘家族などのサポートも得ながら、主婦として生活できている。

詳しいプロフィールを見る

―― 痛みと折り合いをつけながら生活しているっていうことはおっしゃっていただいたんですが、痛みがあるために日常生活に何らか影響っていうのが出ているかなと思うんですが、その辺りはいかがでしょうか。

そうですね。一番やっぱりあの、夕飯ぐらいの時間になると、やっぱり限界が来るときがあって。でも、食事は作らなきゃいけないので、それが一番つらいですかね。その時間が結構もうなんか、一番痛いと吐き気がしてきます。痛すぎて、もう気持ちが悪い状況になったり、あとは何だろう。うーんと、で電池が切れるじゃないですけど、自分のもうバッテリーが切れたような感じで、なんか脂汗が出てくるような感じで、うん、そういう時間が一番つらくて、そうですね。でも、何とか本当はペーシングというのを聞いたことあるんですけど、あの、休み休みやればいいらしいんですが。自分は、なんかまあ休んでも、またあの体がしんどくなるんだったら一気に片付けたいって思ってしまって、わーっとやってしまうんですけど。でも、できたときにはすごく満足感が、自分で何か達成感じゃないですけど、「ああ、今日も夕ご飯できた」って言って、主人が「おいしい」って食べてくれたら自分はうれしいですし。やれないことよりは、あの、体がしんどくても、できたほうがいいなと思って、それをやってます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11093 (17) { ["term_id"]=> int(54) ["name"]=> string(69) "身体活動への影響と対処:動作・外出・家事・運動" ["slug"]=> string(8) "katsudou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(54) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(23) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(54) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(69) "身体活動への影響と対処:動作・外出・家事・運動" ["category_nicename"]=> string(8) "katsudou" ["category_parent"]=> int(23) } }
同じテーマの語りを見る