※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー29

インタビュー時:59歳(2016年9月)、疼痛期間:13年、診断名:不明
東海地方在住。女性。夫(家族インタビュー05)と二人暮らし。2002年(44歳のとき)に夫の運転する車で事故にあい、頸椎の脱臼骨折による頸髄損傷で四肢に麻痺やしびれが残る状態となった。2003年頃、ひざ下の焼かれるような痛み、指先からひじにかけての刃物で切られるような痛みが出て現在も続いている。リハビリテーション科やペインクリニックなどに連携して対応してもらうことができた。痛みがあっても、夫や娘家族などのサポートも得ながら、主婦として生活できている。

詳しいプロフィールを見る

あと、今もうすぐ60歳ですけど、主人に、「こんなに痛かったら、もう60ぐらいまでしか我慢できない」って言ってたんですけれども。去年、孫が生まれましたので、その孫が生まれたらすごいなんかもう欲張りになってしまって、成長を見届けたい。だから、孫と話したり、孫のところへ行ったり、何か世話してあげたりとか、そういうことでこう、痛みから気を、気を紛らわすというか、こう考えないようにしたりとかして。そういうことが割と自分を助けてくれていると思います。

―― 朝起きてから夜寝るまでの中で、24時間の中で、やっぱりいろんなあの、痛み以外に気を向ける方法が幾つかあるのかなと思うんですが、日常の生活の中で些細なことでもいいんですけど、何か使ってるものとかありますか。

使ってるもの。だから、家にいるとケータイで、今はテレビ電話のように孫から電話がかかってきて、顔を見てしゃべってるとか、そういうことも、たぶんすごい自分の元気になってると思うんですね。「ばあば」とか言ってもらえたらうれしいですし(笑)、なんかその子の変化を見てるとか、そうですね、はい、そういうことだと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#10883 (17) { ["term_id"]=> int(68) ["name"]=> string(33) "楽しみ・余暇の過ごし方" ["slug"]=> string(4) "yoka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(68) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(23) ["count"]=> int(11) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(68) ["category_count"]=> int(11) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "楽しみ・余暇の過ごし方" ["category_nicename"]=> string(4) "yoka" ["category_parent"]=> int(23) } }
同じテーマの語りを見る