※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:59歳(2016年9月)
疼痛期間:13年
診断名:不明

東海地方在住。女性。夫(家族インタビュー05)と二人暮らし。2002年(44歳のとき)に夫の運転する車で事故にあい、頸椎の脱臼骨折による頸髄損傷で四肢に麻痺やしびれが残る状態となった。2003年頃、ひざ下の焼かれるような痛み、指先からひじにかけての刃物で切られるような痛みが出て現在も続いている。リハビリテーション科やペインクリニックなどに連携して対応してもらうことができた。痛みがあっても、夫や娘家族などのサポートも得ながら、主婦として生活できている。

で、あの、たまたまあの、主人が「せきずい基金」っていうところにお便りを出したときに、そのお便りがその中の役員さんというか、女の子のところに転送されて、その子があの、病院で同室だった子だったんです。で、岐阜で、あの、名前も割と珍しいのであの、メールくれて、「どうしたの?」って言ってくださった。その人が今ずっと10年近くお世話になっている愛知県の病院に、あの、入院したことがあって、そこのリハビリテーション科なんですけれども、「そこの教授さんならたぶん診てくれるから、連絡、メールしてみたら?」って言ってくださって。もうその途方に暮れている状況で、その教授さんに直接、図々しくメール送ったんです。 そうしたら、「僕で良かったら診てあげますよ」って言ってくださって。もうすごい状況で行って。車で連れていってもらったんですけど、病院に着いた状況では、もう起きてられなくて、寝かしてもらえるような状況で行って。でも、その先生が、今まで自分の周りには、「やることないし、もう我慢するしかない」とか、「仕方ない」とか言うお医者さんばっかりだったのに、「たくさんやることあるよ」って言ってくださったんです。で、「一緒に頑張ろう」って。そしたら、もうすごく視野が広げた感じがして、「えー!」ってびっくりして、そこから何か、こう、変わってきました。はい。だから、そのころが一番ピークだったかもしれません。はい。で、痛みは、それほ――今のほうが強いかもしれないんですけど、状況的には対応できて、痛みに対して対応できてないっていう状況はそのころが一番ひどかったと思います。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧