インタビュー内容テキスト

ちっちゃなことでもいいから首を突っ込む。興味を持つ。うん。あと、おいしいものを食べたいなっていうふうに思うこと。あ、こう、町へ出てみる。出て、「あ、いいもの売ってるな。欲しいな」って買ってみる。で、買って、「わー、何ていいものを手に入れたんだろう」と言って喜ぶ。

だから、ちょっとでも何かやってみようかなっていうの、ゲームでもいいし、テレビでもいいし、本でもいいし、その手芸が好きだったんなら手芸でもいいし。今までやってたことの中で、もう1回やってみようかな。あ、これならできるかもしれないっていうふうな。

だから、もう、「痛い、痛い、痛い、痛い」というのをいつも言ってるんじゃなくて、たまには、その「痛い、痛い」言うのを休憩させてあげて、で、何かやって、「あれ、こっちのが楽しいや」っていうふうに、ちょっとでも、こう、話したり。人と話すこともいいことだし、何か挑戦してみようっていうふうなきっかけをつくっていくと、その痛みというのは少しずつ減ってくものなので。

だから「痛い、痛い、痛い」って言うのは、だから自分も今、「痛い、痛い、痛い」っていう話をしてると、痛くなってきてるので(笑)。だから、それはもう、「痛いの、痛いの飛んでけー」というふうに痛いのを飛ばして、何か自分のやってみたいなっていう興味をちょっとだけ起こす。それから、だんだん、だんだんその興味を広げていく。そして、最終的に大きな目標を持つ。旅行へ行くとか、あの、何々をするっていう、楽器を習うとか何でもいいから、ああ、そのちっちゃいことから始めて、だんだん、だんだん痛みが減らせる方法を自分で見つけていくっていうのが、必要だと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言