※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー39

インタビュ一時:55 歳(2017 年2月)女性、疼痛期間:24 年以上、診断名:オーバーラップ症候群*(全身性強皮症、シェーグレン症候群)。

近畿地方在住の女性。29 歳から全身の痛みがあり、大手の臨床検査専門会社で 14 年間(2年間は休職)働いていたが、腰椎圧迫骨折を機に40歳で退職した。ステロイド治療を受けるが効果はなく、現在も痛みは続いている。認知症の実母と二人で、在宅支援を受け生活している。病老介護で経済的に不安定な状況である。絵本や詩集を楽しみ、人との交流を持つなど、ポジティプに過ごすことで、痛みを受け入れている。

*オーバーラップ症候群:複数の膠原病が重複して発症する状態

詳しいプロフィールを見る

―― そういう痛みがこう、ずっと続いているということに対して何かお考えございますか。

もう受け入れるしかない。私の体はこういう体なんだから、じゃあ、これに対してなるだけ痛みが、あ…、ないように、生活をしてくっていう考え、ですね。…どうしようもないですね。もう痛みをなくすということは無理ですし、これからもどんどんもっと痛みを増していくので。やっぱり神様、仏様が、それ、私にはそれが耐えられるような人間だと思ったから、病気をお与えになったというふうに思うしかないなっていうような。神・仏の領域を信じるしかない。

でも、それを、そういうような神・仏のことを言ったり、霊のことを言うと先生から、「おまえは何をやってたんだ」って言われて。最先端の科学のことをやってた人間としては、だからそういうことを言っちゃいけないんだろうけども、やっぱり神・仏っていうものが与えた試練っていうものかなというような、スピリチュアルな世界のほうへ入っていくしかないかなって。だから、それを受け入れて生活をしていくというのが…、今の自分だと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(51) "「痛みの慢性化」をどう受け止めるか" ["slug"]=> string(13) "mansei-mukiau" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(25) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(27) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(51) "「痛みの慢性化」をどう受け止めるか" ["category_nicename"]=> string(13) "mansei-mukiau" ["category_parent"]=> int(25) } }
同じテーマの語りを見る