※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー03

インタビュー時年齢:75歳(2012年12月)
常用薬の副作用(胃潰瘍)の予防薬の治験(第3相・プラセボ対照試験)に参加。
首都圏在住。長年通院している病院で、狭心症治療薬(バイアスピリン)の長期服用中で胃潰瘍になったことがある患者を対象とする治験のポスターを見て、自分が役に立つことがあればと思い、参加を決意。2010年から約1年間参加した。薬が増えることに苦痛を感じることもあったが、治験に参加していることの責任感もあり、やめたいと思うことはなかった。

詳しいプロフィールを見る

―― この、治験に参加して、良かったこととか、悪かったことっていうのを、その参加した後から振り返ってみると、何か良かったこと、悪かったことっていうのはありますかね。

特に悪かったことっていうのはないと思います。ただ、良かったことっていうのは、やはり、そういうね、臨床試験なり、治験なりという、そういう…ことに従事されている方、そういう方…と接触できたというのは、なかなか、ちょっと得られない経験で、やっぱりこういう方たちがね、まあ、ある意味で、裏方という言葉はちょっと、あの、あまりいい言い方ではないかもしれませんけれども、やっぱり薬なんかのですね、新しい薬を生み出すときには、そういう方が、いろいろ仕事をされて、そのおかげでいろんなものができてんだなと、まあ、そういうことを実感できたなという気がしました、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(8) ["name"]=> string(18) "終了後の感想" ["slug"]=> string(5) "kanso" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(8) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(6) ["count"]=> int(7) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(8) ["category_count"]=> int(7) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "終了後の感想" ["category_nicename"]=> string(5) "kanso" ["category_parent"]=> int(6) } }
同じテーマの語りを見る