※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー03

インタビュー時年齢:75歳(2012年12月)
常用薬の副作用(胃潰瘍)の予防薬の治験(第3相・プラセボ対照試験)に参加。
首都圏在住。長年通院している病院で、狭心症治療薬(バイアスピリン)の長期服用中で胃潰瘍になったことがある患者を対象とする治験のポスターを見て、自分が役に立つことがあればと思い、参加を決意。2010年から約1年間参加した。薬が増えることに苦痛を感じることもあったが、治験に参加していることの責任感もあり、やめたいと思うことはなかった。

詳しいプロフィールを見る

私自身はそれほど期待を持って、それに応募したわけでもないんですよね。ですから、応募することで何らかの、逆に言えば、そういうものをやって、新しい薬をね、開発しようという、そういう…病院というんでしょうか、そういうものに対して協力できればというだけの話ですから、あまり、そういう意味では特に期待をしているということもなかったし、終わってからもですね、それが認められたのか、どうなのかっていうのも、ちょっと私は、その薬がですね、日本で、あの、販売されるようになったかという情報も特に聞いていませんし…うーん、まあ…知っても悪くはないんですけれどもね。あの、それが、結局、駄目だったのかどうなのかですね、その辺は、ちょっと気にはなりますけどね、ええ。でも、それほど、まあ、あんまり、結果ということに対しても期待を持ったわけではありませんので、ええ、あくまでそういう、あの、動きに対して協力なり、できたという、それで自分としては、自己満足なんですけれども、満足をした感じですね、ええ。

―― 積極的には、こう、お知りになりたいとかっていう…。

それほど積極的に知りたいとも思いません、その結果につきましてね、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(28) ["name"]=> string(21) "結果を知ること" ["slug"]=> string(5) "kekka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(28) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(6) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(28) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(21) "結果を知ること" ["category_nicename"]=> string(5) "kekka" ["category_parent"]=> int(6) } }
同じテーマの語りを見る