※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー03

インタビュー時年齢:75歳(2012年12月)
常用薬の副作用(胃潰瘍)の予防薬の治験(第3相・プラセボ対照試験)に参加。
首都圏在住。長年通院している病院で、狭心症治療薬(バイアスピリン)の長期服用中で胃潰瘍になったことがある患者を対象とする治験のポスターを見て、自分が役に立つことがあればと思い、参加を決意。2010年から約1年間参加した。薬が増えることに苦痛を感じることもあったが、治験に参加していることの責任感もあり、やめたいと思うことはなかった。

詳しいプロフィールを見る

(参加した)きっかけというのは、まあ、私が長年お世話になっている病院に、たまたまそういう(臨床試験の被験者)募集の、まあ張り出しがあって、掲示がありましてね。その内容的に、私自身がその対象に該当する条件のものだなというのが分かったわけです。で、もう長年お世話になってきたんで、そういうのでなんかお役に立てればという気持ちで応募したというのが応募理由ですね。

―― そうすると、その病院にお世話になっていて、どちらかというとお役に立てればというお気持ち。

そうですね、ええ。どのみち、病院には定期的に(定期検査のために)通う形にありますから、そういうので、なんか、お役に立つことがあれば、随分お世話になってきたんでね。これからもお世話になるし、少しでも何かお役に立てればという、そのぐらいの、ほんの出来心みたいなもんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11089 (17) { ["term_id"]=> int(9) ["name"]=> string(18) "参加した理由" ["slug"]=> string(5) "sanka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(9) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(3) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(9) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "参加した理由" ["category_nicename"]=> string(5) "sanka" ["category_parent"]=> int(3) } }
同じテーマの語りを見る