※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー03

インタビュー時年齢:75歳(2012年12月)
常用薬の副作用(胃潰瘍)の予防薬の治験(第3相・プラセボ対照試験)に参加。
首都圏在住。長年通院している病院で、狭心症治療薬(バイアスピリン)の長期服用中で胃潰瘍になったことがある患者を対象とする治験のポスターを見て、自分が役に立つことがあればと思い、参加を決意。2010年から約1年間参加した。薬が増えることに苦痛を感じることもあったが、治験に参加していることの責任感もあり、やめたいと思うことはなかった。

詳しいプロフィールを見る

私からちょっとメッセージなんて言える柄ではないんですけどね。そうですね、やはり、これは立場が逆ですから、非常に難しいんですけれども、(治験実施者と被験者は)お医者さんと患者さんの関係にやや近いんですよね。で、治験をなさるほうの方は、いろんなことがよく分かっていらっしゃると。で、片っ方のほう(被験者)は、ほとんど分からない方が多い。私もそうだったんですけどもね。ですから、その方に、やっぱり、説明ですね。これは本当にやっぱり丁寧にしていただくと。私の場合には非常に丁寧にしていただきましたし、基本的に私は大体、もう、これは自分で参加しようという気持ちがありましたけどもね。参加の気持ちがない人を無理やりさせるというものでもないと思いますけども、やっぱり適合する条件の人、そういう人をやっぱり世の中から見つけ出して、それで、やっぱりやらなきゃいけない仕事だと思いますんでね。そのためには、それなりに、勧誘ではないんですけれども、それらしい人が出てきた場合には非常に親切にね、お勧めをするということは一番大事だろうと思います、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11089 (17) { ["term_id"]=> int(20) ["name"]=> string(36) "臨床試験・治験の関係者へ" ["slug"]=> string(9) "m-message" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(20) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(7) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(20) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "臨床試験・治験の関係者へ" ["category_nicename"]=> string(9) "m-message" ["category_parent"]=> int(7) } }
同じテーマの語りを見る