※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー03

インタビュー時年齢:75歳(2012年12月)
常用薬の副作用(胃潰瘍)の予防薬の治験(第3相・プラセボ対照試験)に参加。
首都圏在住。長年通院している病院で、狭心症治療薬(バイアスピリン)の長期服用中で胃潰瘍になったことがある患者を対象とする治験のポスターを見て、自分が役に立つことがあればと思い、参加を決意。2010年から約1年間参加した。薬が増えることに苦痛を感じることもあったが、治験に参加していることの責任感もあり、やめたいと思うことはなかった。

詳しいプロフィールを見る

で…治験に使う薬というのは、そういうアスピリン自体が、…必ずじゃないんですけれども、そういう胃に炎症を、長期に飲んでいると起こしやすいということがどうやら医学界で分かって、で、それを止めるための薬というのが、どうもいろいろはあるんですけれども、ピンとくるようなものがないところに、どうもその新しい薬が現われて、で、その効果を…試そうと、そういう治験だったようです。
ですから、本当のそのお薬と、それと薬と全く同じ包装なんですけれども、形状なんですけれども、全然違う、要するに単なる、あの、粉、何でしょうかね、擬似薬、何とかいう言葉が、専門用語があるんですけど、擬似の薬と。それを、対象者を2つのグループに分けて、Aグループは本当の薬、Bグループは、その偽物というんで比較試験を1年余りやってみようというのが、その試験の目的だったようです。

―― じゃあその試験に入られてどっちかのグループに分けられるということになるんですけれども、それはどんなふうに分けられて…。

これはあくまで、治験者(被験者)のほうには知らされないで、自分がAグループなのかBグループなのか、それは終了するまでは教えませんということで始まりました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(43) ["name"]=> string(30) "事前説明:説明の内容" ["slug"]=> string(7) "ic-what" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(43) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(2) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(43) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "事前説明:説明の内容" ["category_nicename"]=> string(7) "ic-what" ["category_parent"]=> int(2) } }
同じテーマの語りを見る