インタビュー内容テキスト

―― そういう友達との交際とかっていうときに、やっぱりその今の病気の状況っていうのはかなり、なんかハードルになります?

あー、…そう今ある交友関係ってのは、やっぱ、その、中高、ま小中高大ってやっぱ全部・・話してきたんで、病気のこととかも、そこからでも、それを理解した上で、付き合って、今でも遊んでくれる人しか残ってないというか、まあ、そういうと何か寂しい、何か友達少なそうで寂しい言い方なんですけど、ま、でも、そういう友達だけはまだ、いまだに連絡くれたりとかもあるので、だからまあ、逆に言えば理解がある友達しかいないから、問題、何も問題ないですね。交友関係の。

―― でもこれからその、新しい交友関係を作っていく時にね、そのやっぱりご自分の病気のことを説明していかなきゃいけないっていうことはあるんでしょうね。

それは勿論ありますね。あると思いますね。でもまあ、それに関しては本当に全然何も苦じゃないというか、話した方が僕が楽だから話します。話すことに関しては全然問題ないですね。ただ、それを聞いて相手がどう思うか次第なんで。それがいやなら僕とね、係らなけりゃいいし、っていうような考えなんで。

―― じゃあ、その、別に将来に対してその悲観的になってるとか、そういうことはないわけですね。

いや、その完全に悲観的になってないというわけじゃないですね。やっぱ不安な場面は多々ありますけど、そのやっぱ、男友達とかに関していえばそれで別にいいかなと思ってんで、ただ、その結婚とかっていう話になってくると、それはやっぱりそこは、かなり違ってくるだろうなと思います。勿論就職もそうだし、本当病気であるということはやっぱ大きな、・・その先がある話じゃないですか、就職とか結婚とかいうのは、だから、友達はなあなあでもやっていけるし、何かたまに会ってだべるって楽しいみたいなんが大きいから、…

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言