インタビュー内容テキスト

――最初にどうも自分は人の名前を忘れたりして変だなって思ってから、あのまあ今日まで、その忘れやすさっていうのは何か変化はありますか。

だんだんまあ、あの忘れるなとは思うてたんですけども、1月からそのメマリーっちゅう薬飲まんようなったら急に、もう忘れることが多いです。

――そのメマリーっていう薬を飲まなくなったいきさつについて少し教えていただけますか。

何をです?

――メマリーを飲まなくなったその理由。

理由は何か、検査の結果やめた方がいいんじゃないかっちゅうことで……、あのー、もう出してもらえやんようになったんです。

――そのことについてはどういうふうに思いましたか。お薬を出してもらえなくなったことについては。

…そのときはそんなに、まあ、あの、忘れがひどくなるとは思いませんだもんで、あれですけど、考えてみたらあのお薬があの今まで効いとったんかなと。

――じゃ、そのお薬やめて物忘れが前よりもひどくなったなっていうのは感じられるんですね。

感じます。

――お薬を飲んでいる時は自分の中で「調子が良くなったな。前よりも忘れなくなったな」っていう感覚はあったんですね。

ま、良くなったとは思わんけども、まっあのー、飲んどるとそれが遅なるちゅうか、遅くなってくちゅうあれで、良くなったとは感じません。治る薬じゃないもんで……そでけんども、ま、あの、無くなってからは気が付きました。あの薬のおかげやなって、今までは。もっとそれ飲んでなかったらもっとずっとその先がひどくなってたかも分かりませんわね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言