インタビュー内容テキスト

デイサービス、デイケア、その、施設の、何ていうかなあ、規模によってというか、何でしょう。良いとこと悪いとこっていうか。あの、母も常時、2カ所のデイサービスを利用してて、月水金はAというところ、火木土はBっていうか、そういうふうに、まあ、使い分けはしてたんですけど、その、施設というかな、A、B、その、いいとこも悪いとこも、まあ、いろんな面があって。Aのほうがとってもアットホームっていうか、その、職員さんもすごい、何ていうかな、あの、職員さんっていうよりも、どっちかというと家族というか、すごいあったかいっていうか。食事も、どちらかというとプラスチックの、その、容器に何か食事が盛られてるっていうんじゃなくて、そういう陶器製の器に、まあ、手作りのおかずというか。で、お風呂もどっちかというと、Aというところは、その、毎日でもオーケーですよ。Bはどっちかというと、あの、何ていうかな、何か「介護の仕事ですよ」じゃないですけど。その、ばらつきがあるというか、施設によって対応もですし。なので、その、どっちかというとAのほうが好ましいので、Aにできたら1週間ずっと、おんなじところに入れたいと思っても、空きがないので仕方なくBのところも利用すると。うーん、なので、できれば、その、利用者が、もうAを重点的に増やすというか、利用する日を増やしたいと思っても、うーん、利便性というか、必然的にBも利用しないと成り立っていかないというか。そういったことがちょっと面倒だなっていうか。母にとっても、その、ちょっと対応が違うので、不安になるかなあと思うんですね。うーん、職員さんの対応も何か、Aのほうはちょっと親身にやってくださるけど、Bだったら何か、ちょっとぞんざいな感じとか。その、言葉1つでも、聞いてたら「うん?」って、何か、「あ、これは多分、ちょっと中へ入ったらちょっと違うんじゃないかな」っというか、思うような節、ところがあって、その、スキルの差がちょっと大きいというか、

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言