インタビュー内容テキスト

ただ、その、ここ(老健)に入れる、入れるというか、空き待ちみたいな状況のときに、その、何ていうかな、自分で、自分の肉親を見られないのに、見られないっていうのが、面倒見切れないっていうのに、人さまにお預けするっていうか、すごいちょっと矛盾してないかなと思って、それについてのすごい葛藤みたいなものはあったんですね。
ほれで、あの、たまに私もインターネットとか見て、えーと、そういう専門サイトというか、あるんですけど、たまにそういうとこも見たりして、まあ、在宅で同居で介護しておられる方の、悩み事とか相談事みたいな、こういう現状、その、何ていうかな、介護日誌みたいなとこに、記載があるんですけど、それについてのコメントをたまに、書き込んだりもするんですけ。矛盾してるけど、だけど自分にとって手に負えなかったら、それもありかなと。
私は、まあ、今までは、その、何ていうかな、自分の親を、特に、その、体の不自由でもない、娘が見なくて、それも仕事を別に、何ていうかな、仕事を持ってるわけでないっていうか、まあ、家事ぐらいで、してることは家事ぐらいで。なのに、ちょっと幾ら、その、お金が掛かってでも、何ていったらいいんだろうな。うん、その、うーん。そういう所に預けるっていうことの矛盾をすごい悩んだ時期もあるんですけど。まあ、いいふうに捉えるようにして、今はそういう、預けることの不安とか、困ってるときはお互いさまみたいなつもりで。
 なんせ、その、自分がつぶれてしまったら、それこそ在宅も何もないっていうか。もともと老健施設さんっていうのは、在宅復帰を目指す所なので、まあ、1週間、10日、1カ月、在宅で見られる時期的にはちょっと短いかもしれないですけど、まあ、努力は続けようかなっという。それを、その、努力をしようかなと思わせてくれる、まあ、施設じゃないかなというようなつもりでいます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言