インタビュー内容テキスト

あの、二人いるっちゅうことで、うん。あの、実際に、この施設行ったときにも、その、「胃ろうしますか」とか、あるでしょ、食べれなくなって。娘がきっぱり言ってくれたの、で、「やらなくていい」って、うん。後は何か、そういう調書取るんですよ。で、たまたまね、娘んときに書いてくれたもんだから、それもだから、結局、安心してできたっていうの、うん。まあ、安心。

―― そういう専門家がいなかったら、もうちょっと違った?

まあ、あたふたしたと思います。いろいろと、そっちのほうでも、まいったと思いますしね。うん、まあ、だから、スムースにできたっていうこともあるでしょうね、うん。

―― 逆に、その、専門家の、まあ、スムーズにいったっていうことだけど、本当は自分でこうしたかったとか、そういうのは特にはなかったですか。例えば、先ほどの、胃ろうの話ですけども、その、娘さんがなしでいいって、きっぱり言ってくださったって、それは同じようなご意見だったんですか?

あ、それはね、うん。わたしももう、何、あの、何て言うの、えーと、延命行為はしてほしくない、自分も思ってるから。ま、言ってるけど、自分も思ってて、人にもって、押しつけはいけないけど。うん、そう思ってるから、それはやっぱりね、いろんなことで大変だと思うから、うん。

―― じゃ、そういったところで、その、周りが勧めてくれることに対して。

ええ、全部、乗っとった。ええ、ええ、ええ。そうですね。

―― ほんとに安心してたってことですね。

そうですね。だから、こう、あんまりこの、深く、ねえ。あの、重いと感じなかったかもしれないですね、うん。そうですね、結果的にそうかもしれない。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言