インタビュー内容テキスト

あのー、僕、要はね。あのー、その、検査する、もう治療費がなかったんですよ。それで、まああの、病院のほうの人が、あのー、その、区役所行ってこうしたら、まあまあ、もう保護受けてね、生活保護を受けてくださいと。だから、治療費もこうなりますから、説明を受けて。それで、あのー、保護を受けて、そのー、担当の人と、あれが全部やってくれたんですけどね、はい。
いや、そやから、病院のほうがその治療費や検査費のことで保護する、(生活)保護受けて、そのー、治療費のあれとかね、やってください、いう話になったときに、その、区役所の人が、ええ、段取り全部してくれて、社協の人も紹介してくれはったです。はい、はい、はい。

―― じゃあ、病院のほうから、こう。

いや、病院の人が、まあ、僕に、あのー、治療費やその検査のお金、何かものすごい、その、高いらしいんで、その、何か、あの、検査のその血液に何か、うーん、やって、そんで何かMRI入ってするやつ、ものすごい高かったんですよ。ええ、そやから、そんなんもあるんで、あのー、お役所行ってくれと。それで、そっからの段取りですわ。そやから、僕は区役所行って、その話になって、ええ、なったんですけどね、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言