プロフィール

インタビュー本人06

診断時:55歳
インタビュー時:58歳(2011年8月)
飲食店店長をしていた。1人暮らし。妻とは診断前に離別。子どもとも会っていない。兄に病気の事を知らせていない。2005年頃職場で物忘れやちぐはぐな言動を指摘されるようになり退職。2009年に若年性アルツハイマー型認知症と診断、ショックのあまりうつ状態となる。アリセプト内服中。医療費が払えず障害者認定、生活保護を受けた。週1回ヘルパーに掃除等依頼。現在はサポートセンターで週3日ボランティアをしている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

あのー、僕、要はね。あのー、その、検査する、もう治療費がなかったんですよ。それで、まああの、病院のほうの人が、あのー、その、区役所行ってこうしたら、まあまあ、もう保護受けてね、生活保護を受けてくださいと。だから、治療費もこうなりますから、説明を受けて。それで、あのー、保護を受けて、そのー、担当の人と、あれが全部やってくれたんですけどね、はい。
いや、そやから、病院のほうがその治療費や検査費のことで保護する、(生活)保護受けて、そのー、治療費のあれとかね、やってください、いう話になったときに、その、区役所の人が、ええ、段取り全部してくれて、社協の人も紹介してくれはったです。はい、はい、はい。

―― じゃあ、病院のほうから、こう。

いや、病院の人が、まあ、僕に、あのー、治療費やその検査のお金、何かものすごい、その、高いらしいんで、その、何か、あの、検査のその血液に何か、うーん、やって、そんで何かMRI入ってするやつ、ものすごい高かったんですよ。ええ、そやから、そんなんもあるんで、あのー、お役所行ってくれと。それで、そっからの段取りですわ。そやから、僕は区役所行って、その話になって、ええ、なったんですけどね、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12143 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(45) "経済的負担と公的な経済支援制度" ["slug"]=> string(6) "keizai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(45) "経済的負担と公的な経済支援制度" ["category_nicename"]=> string(6) "keizai" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る