インタビュー内容テキスト

それ病気やという実感が、実際はないんです、もう。何もないです。何か意味分かってもらえます?

―― 正しくは把握できてるか、分かりませんけど。あの、それほど困難なできごとが日常生活の中でないから、別に忘れるとかっていうこともなく?

今はそやから、全然、別にこう、もの忘れして困ることがないから。何もないですもん…。これ、せなあかんことやったんやけど、せえへんかったいうても、別に困ってないから、何もないし…はい。今日はご飯とみそ汁。みそ汁の具、これ入れようって初め思ってたけど、全然違うもん入れたりしても、別に困らへんわけでしょ、僕。そやから、何もないんですわ、今、ええ。何もないんです……はい。だから、こう、全然困らへんのですよ。何か目的持ったら別やろうと思うんですけど。

―― にもかかわらず、障害者っていわれてしまう。

そうなんですよね。…障害者はショックやったなああれは。ほんまにショックでしたね…何や、向こうも悪気はないんやろうけど、うーん。あれ、びっくりしましたわ、僕、あれは……はい。……それがね、これ、身体障害やったらまだ格好ええな、思いますよ。精神障害みたいなのじゃ、きちがいでしたから、いうたら、ね。いや、ほんま、扱いそうやもん。実際、ねえ…あれはショックですね。前、認知症のときのショックが大きいけど、もうね、認知症のときに「もう終わったな」思って、もうね、思ってただけに、まあ障害者は、認知症いわれるよりはショックは少ないけど、それでもショックでしたね、ええ、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言