プロフィール

インタビュー本人06

診断時:55歳
インタビュー時:58歳(2011年8月)
飲食店店長をしていた。1人暮らし。妻とは診断前に離別。子どもとも会っていない。兄に病気の事を知らせていない。2005年頃職場で物忘れやちぐはぐな言動を指摘されるようになり退職。2009年に若年性アルツハイマー型認知症と診断、ショックのあまりうつ状態となる。アリセプト内服中。医療費が払えず障害者認定、生活保護を受けた。週1回ヘルパーに掃除等依頼。現在はサポートセンターで週3日ボランティアをしている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

それ病気やという実感が、実際はないんです、もう。何もないです。何か意味分かってもらえます?

―― 正しくは把握できてるか、分かりませんけど。あの、それほど困難なできごとが日常生活の中でないから、別に忘れるとかっていうこともなく?

今はそやから、全然、別にこう、もの忘れして困ることがないから。何もないですもん…。これ、せなあかんことやったんやけど、せえへんかったいうても、別に困ってないから、何もないし…はい。今日はご飯とみそ汁。みそ汁の具、これ入れようって初め思ってたけど、全然違うもん入れたりしても、別に困らへんわけでしょ、僕。そやから、何もないんですわ、今、ええ。何もないんです……はい。だから、こう、全然困らへんのですよ。何か目的持ったら別やろうと思うんですけど。

―― にもかかわらず、障害者っていわれてしまう。

そうなんですよね。…障害者はショックやったなああれは。ほんまにショックでしたね…何や、向こうも悪気はないんやろうけど、うーん。あれ、びっくりしましたわ、僕、あれは……はい。……それがね、これ、身体障害やったらまだ格好ええな、思いますよ。精神障害みたいなのじゃ、きちがいでしたから、いうたら、ね。いや、ほんま、扱いそうやもん。実際、ねえ…あれはショックですね。前、認知症のときのショックが大きいけど、もうね、認知症のときに「もう終わったな」思って、もうね、思ってただけに、まあ障害者は、認知症いわれるよりはショックは少ないけど、それでもショックでしたね、ええ、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12143 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(45) "経済的負担と公的な経済支援制度" ["slug"]=> string(6) "keizai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(45) "経済的負担と公的な経済支援制度" ["category_nicename"]=> string(6) "keizai" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る