インタビュー内容テキスト

―― ここのサポートセンターに落ち着かれたのは、どういうところがよかったのでしょうか?

あのー、多かったんがね、障害者の施設のお手伝いとかね、そういうのんがようけあったんですよ。身体障害者のとこで、何かこう、作業の手伝いとか、そういうのがね。どうしてもあの中にはもう僕、こう、入られへんかって。見に行ったりもしました、何軒か行きましたね、ええ。こういうとこでは、もう無理や言うて。その流れん中でここに来たときには、ここやったら、まあ、ご飯も食べさしてもうたし、そのとき(笑)。ええ。まあ、一遍ね、来てみようか思って来たら、何かね、まあ、お手伝いは簡単やし、時間もこう短いし。ま、続けてみようと思ったら、みんな一生懸命してくれるし、僕もうまいこと、こう、生活のリズムの中に入れる環境やったから、ええ、ええ…ここに決めたんですよね。ま、決めたいうか、ありがたかったですけど、ええ。

―― 他に紹介された所は、働くというか、お手伝いというか、どういう条件で探されていたんですか?

ボランティアですね。基本的には、ええ、仕事じゃないです。

―― 障害者の方を対象とした作業所とか、そういう所ですか?

そういう施設、作業所、うーん、そんなところですね。ええ。どういう感じいうたら、何か…やっぱりあの、みんな、あの……障害持ってはる人ばっかりですやん。ちょっと変ですやん(笑)。これは嫌だ(笑)。ええ。まあ、僕も変なんやけど、向こうからしたら一緒か分からへんねんけど、ええ、ええ。もう、耐えられへんのは分かってますから、僕。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言