インタビュー内容テキスト

―― 最初は脳の病気と思われたということですが、

ええ。何か、どうなんですかね、頭の病気や思たんは思たんですけどね、うん、ええ。

―― 認知症というふうなことはまったく。

まったくなかったです。その、認知症のほうがショックでした、僕、言われたとき。真っ青になりましたわ、あんときは、はい。

―― その、真っ青になったときの気持ちについて、もう少し詳しくお話いただけますか。

いやあ、あのー…はっきり言うと、うつ的になりましたね、先生にも言われましたけど。ええ、もう、人に会うんも嫌やったし、もうずーっと部屋こもってました…ええ…うん、ねえ…ええ。それ、僕、あの、あれですけど、あのー、社協の人で、ま、ここのサポートセンターを紹介してもろうたりして、それまでめちゃくちゃ暗かったですもん。ここ来て、明るくなったぐらいですもん。これ、ほんまですわ、ええ。ものすごく感謝してますもん、はい。

―― うつになって、1人でいらっしゃったとき、どんなことを考えてらっしゃったんですか。

いや、あの…もう、まず何にも仕事ができへん、思いましたからね、そのときに。ほんで、自分でも調べたし。ほな、インターネットで調べても、もう暗いことばっかり書いてあるでしょ。それとか、そのー、まあ…もう、その、迷惑かける話とか、そんなことばっかり書いてますやん。こう、ええ話なんか載ってないですやん。ねえ、考えるいうたらね、もう死のうかなとかね、やっぱ、そんなんいっぱい考えますよ。考えました、めちゃくちゃ、ええ…はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言