インタビュー内容テキスト

ほんまに……はい。<5秒>何やまあ、認知症いわれてから、ずっとそれからええことなんか何1つないですもんね…ほんま…情けない。ええ。まあ、強いて言えば、周りに家族いてないのがよかったなと思てますわ、逆に。それはよかったなですわ……ええ。

―― お兄様はご存じですか。

いえ、いえ。知りません、知りません。もう全然連絡取ってないし、ええ。僕がこういう病気やいうのも全然知らないですね、ええ。

―― …そうすると、ご自身で、そのー、先々のこととか、何か考えられることはありますか。

いや、何も考えてないです、もう、そやから。考えないようにしてます、どうなるやろいうて、考えてもしゃあないな思て、いっときはそんなんばっかり考えてましたからね。今はもう、できるだけそれは考えんようにしよう。でも、何かもうね、考えますけど、変な夢ばっかり。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言