※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

診断時:56歳
インタビュー時:59歳(2008年5月)
近畿地方で設計事務所を運営。2004年秋、頻尿のため地元の病院を受診。PSA値147、グリーソン・スコアは9(5+4)、病期はDに近いCと診断される。セカンドオピニオンを聞きに行った病院で、5年生存率は2割と聞きショックを受ける。インターネットで、IMRT(強度変調放射線治療)をやっている病院を見つけて、治療を受けた。ホルモン療法は放射線照射前のみ。術後3年余り経過してPSA値は安定している。

詳しいプロフィールを見る

私の場合はね、IMRTという照射方法といいますのは、当時はそれぞれの医療機関で皆、決められたあれがなくてですね、私の受けたところは保険扱いだったんです。それで、高精度の照射というのはそういうIMRT以外にも、あと粒子線なんかが考えられるんですけれどもね、陽子線とか、あと重粒子線もありますけれども…炭素ですね。まあ、それはもう、日本でも数が比較的限られるということと、粒子線は兵庫県のちょっと奥のほうに1つ、兵庫県粒子線センターいうのがありますけれども、それは当時としましては、やはり陽子線で280~290万、重粒子線で300万強、それだけの費用が、その治療だけでかかるわけですよね。ですからやはり、そちらしか助からないというような、はっきりしたケースだったら、もちろんそちらへ行けばいいんでしょうけれども、もう結果がほとんど同じだというんでしたら、やはりまあ、そこまで無理ができる人はそれはそれでもいいんでしょうけれども、私の場合はそこまで、別に金持ちの部類じゃありませんから、そこまでするつもりはなかったし、いろいろ内容を聞いて、IMRTで十分だということも分かりましたので、そういう形にさしていただいたと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12120 (17) { ["term_id"]=> int(73) ["name"]=> string(33) "治療法の選択・意志決定" ["slug"]=> string(10) "ishikettei" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(73) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(73) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "治療法の選択・意志決定" ["category_nicename"]=> string(10) "ishikettei" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る