※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:56歳
インタビュー時:59歳(2008年5月)

近畿地方で設計事務所を運営。2004年秋、頻尿のため地元の病院を受診。PSA値147、グリーソン・スコアは9(5+4)、病期はDに近いCと診断される。セカンドオピニオンを聞きに行った病院で、5年生存率は2割と聞きショックを受ける。インターネットで、IMRT(強度変調放射線治療)をやっている病院を見つけて、治療を受けた。ホルモン療法は放射線照射前のみ。術後3年余り経過してPSA値は安定している。

今のところ治療が終わってほぼ3年が経とうとしておりますけれども、えー、体自体は元気にずっと過ごしてますし、PSAそのものも、まあ上下動はありますけれどもね。上下動はあるけれども、まあ大きい目で見ればほぼ一定の数値で動いていると。ですから、まあ、こういうがんという病気はなかなか、あの、完全に治ったということは言いにくい病気ですけれども、まあ、今のところは問題ないので、先の心配まではしてないんですけど。私個人的には、治ったととりあえず信じとるわけなんですけれどもね。
あと、PSAもね、あの、手術した人なんかは数値がうんと小さくなってしまうんですよ。だから、0.01とかそのぐらいの動きに非常に皆、敏感になっておられたりするんですけど、私らは、放射線の場合、まあ、放射線でもね、下3けたぐらいになる方もおられるんですけど、私の場合なんかは1に近い、1を割って良かったなぐらいの感じで、今0.6~0.7、0.5台から0.7台ぐらいで、上下の幅は0.2ぐらいあるんですよね。それが上がったり下がったりしながら全体として、ほぼ平衡だという状況ですんで、まあ、あの、細かい、特に放射線を受けられた方は、全体的にならしてまあ水平だと思えばいいじゃないぐらいの感じで、あんまり小さい数の上下に一喜一憂する必要はないだろうと思うんですけどもね。ちょっと細かい数字を割と気にされる方が非常に多いように思ってます。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧