※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

診断時:56歳
インタビュー時:59歳(2008年5月)
近畿地方で設計事務所を運営。2004年秋、頻尿のため地元の病院を受診。PSA値147、グリーソン・スコアは9(5+4)、病期はDに近いCと診断される。セカンドオピニオンを聞きに行った病院で、5年生存率は2割と聞きショックを受ける。インターネットで、IMRT(強度変調放射線治療)をやっている病院を見つけて、治療を受けた。ホルモン療法は放射線照射前のみ。術後3年余り経過してPSA値は安定している。

詳しいプロフィールを見る

あと、実際の治療のほうは、まあそれほどね…まあ順調に運びましたから、その治療の中身は、あんまり細かくお話ししても、あんまり意味がないかと思うんですけれども。まあ、手術受けられた方にはちょっと気の毒なほど、楽させていただいたものでですね。こんな楽な治療でいいのかなというのが、放射線治療の、まあ特徴と言えば特徴ですよね。当時は、私、たまたま仕事のちょっと忙しい時期とかち合うておりましたんですけれどもね。仕事の、事務所が大阪だったんですけれども、どうしても打ち合わせに出ていかなければいけないときいうのも何度かあったわけなんです。それ全部病院抜けてですね、仕事もやってましたし。最後締め切りの間際というようなときには、ざっと病室で机のような形を全部こさえて、まあ、パソコンもちろん置いてましたし、仕事の図面の束を置いて、ずっとそこでチェックやら仕事やとかですね、皆ずっと病室でしながら。結構…相部屋だったんですけれども、みんなそういうことやってましたですね。あとは、ちょっと元気なときには、近所、京都見物にも出かけましたし。ちょっと運動不足でしたから、大文字山登って帰ってきたりですね。そういうことで、割と結構気楽にさせていただいてました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12178 (17) { ["term_id"]=> int(80) ["name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["slug"]=> string(10) "gaisyousya" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(80) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "7" ["cat_ID"]=> int(80) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["category_nicename"]=> string(10) "gaisyousya" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る