※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

診断時:56歳
インタビュー時:59歳(2008年5月)
近畿地方で設計事務所を運営。2004年秋、頻尿のため地元の病院を受診。PSA値147、グリーソン・スコアは9(5+4)、病期はDに近いCと診断される。セカンドオピニオンを聞きに行った病院で、5年生存率は2割と聞きショックを受ける。インターネットで、IMRT(強度変調放射線治療)をやっている病院を見つけて、治療を受けた。ホルモン療法は放射線照射前のみ。術後3年余り経過してPSA値は安定している。

詳しいプロフィールを見る

まあ、例えば…性機能みたいなことで話させてもらっても、別にそれはそれで大丈夫なんです。ただまあ、どう言いますかね、精液の量はだいぶあれは減るんです。量はかなり減ってますけれども、別に機能としては、放射線の場合は、資料を読めばですね、率はだいぶ、手術なんかよりははるかに少ないんだけれども、そういう、無理だという方もだいぶおられるのは確かなようですけれども。私の場合、何ともないですね。ですから至って、もう本当に頼りないぐらい、何も(副作用が)ないんですよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12178 (17) { ["term_id"]=> int(80) ["name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["slug"]=> string(10) "gaisyousya" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(80) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "7" ["cat_ID"]=> int(80) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["category_nicename"]=> string(10) "gaisyousya" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る