※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

診断時:56歳
インタビュー時:59歳(2008年5月)
近畿地方で設計事務所を運営。2004年秋、頻尿のため地元の病院を受診。PSA値147、グリーソン・スコアは9(5+4)、病期はDに近いCと診断される。セカンドオピニオンを聞きに行った病院で、5年生存率は2割と聞きショックを受ける。インターネットで、IMRT(強度変調放射線治療)をやっている病院を見つけて、治療を受けた。ホルモン療法は放射線照射前のみ。術後3年余り経過してPSA値は安定している。

詳しいプロフィールを見る

で、そのときにですね、まあ、私、まあ、一番いろいろ話お聞きして、ああ、こんなに違ってもいいのかなというぐあいに思ったのがですね、セカンド・オピニオンでは、あなたの、まあ、5年生存率2割だというようなことを言われて、そこの京都のほうの病院では、いろいろな説明聞いて、最後に、まあ、これ、治癒の可能性ですね、根治の可能性がまだ半分ぐらい残ってますよと、だから、しょげないでやりなさいと。半分治ると言われたらですね、私はまあ、多分もう私、5年で2割いうたら、早けりゃ2~3年後には死んでるんじゃないかと自分では思うてましたものでね。うーん、非常にあの、それだけでもう、まあ、有頂天というほどじゃないでしょうけれども、ああ、こんなに違うことがあるんかなというぐあいに感じましたですね。で、まあ、説明のときも、両方やっぱり先生が、泌尿器科の先生以外に放射線の先生も全部出てきていただいて、で、照射方法の説明も全部詳しくいただいて、まあそういうことで、結局、まあ、そこでお世話になろうというふうに。で、まあ、説明していただいた先生も皆さん非常に丁寧にお話しいただいたこともあったし。まあ、そういうことなら、結果、まあ、いいか悪いかいうのは、これはやってみないと仕方ないことなんですけれどもね。まあ、どちらにしても、患者の立場としては、もう自分がどこで世話になるかいうのは、まあほとんど賭けに近いようなことなんでしょうけど、まあ、そこで頑張ってやろうという気になって、その後そこでお世話になったと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12120 (17) { ["term_id"]=> int(72) ["name"]=> string(24) "病院・医師の選択" ["slug"]=> string(7) "sentaku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(72) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(72) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "病院・医師の選択" ["category_nicename"]=> string(7) "sentaku" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る