※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

診断時:56歳
インタビュー時:59歳(2008年5月)
近畿地方で設計事務所を運営。2004年秋、頻尿のため地元の病院を受診。PSA値147、グリーソン・スコアは9(5+4)、病期はDに近いCと診断される。セカンドオピニオンを聞きに行った病院で、5年生存率は2割と聞きショックを受ける。インターネットで、IMRT(強度変調放射線治療)をやっている病院を見つけて、治療を受けた。ホルモン療法は放射線照射前のみ。術後3年余り経過してPSA値は安定している。

詳しいプロフィールを見る

まあ、やっぱり全体的に見ればね、やっぱりがんにならずにそのまま来てた形と、なって今ここにこうしておる形とでは、随分やっぱり多分、違ってただろうなと思いますね。まあ、私の場合はたまたまですけれども、まあ、自分でネットも調べた挙げ句、あと、自分の話までネットにアップしたりしてますから、えー、そういうような関係もあっていろいろ、がん関係の分野にも、ちょこちょこちょこちょこ首を突っ込むような形になってきてますし、こういうことはまあ、ずっと元気だったら、まるっきり関わってなかった、と思いますんでね。あの、やはり、あと命というのは実際どれぐらいあるいうのはこれは誰にも分からないわけですけれども、うーん、まあ、ある意味ではそういう自分の先の命を現実に考えるきっかけにはなりましたよね。まあ、前立腺がんごときでそんなことは言うのはおかしいんだけれども、それでも、あの、やはり分からないなりに、5年生存率2割や言われてだいぶ何週間かずっと悩んでたころいうのは、ああ、どうなるんだろう、あともう数年しかないとしたら、私は何をしたらいいんだろうとかですね、やっぱりそういうことまでずっと頭巡らして、あれやこれや思いますから。まあ、うーん、まあ、やっぱり、考えようによったらそれなりにいい体験させていただいたということだと思うんですけれどもね。
アメリカのほうでは、何かこれ、がんになった人は、どない言いましたかな、これ、キャンサー・ジャーニー言うんですかね、みんなそれぞれ自分で人生を旅に例えたら、がんもやっぱり、これ貴重な旅、がんの旅を経験することになるんだ言うんですよね。だから、がんになった人は、やっぱり自分ががんになって、そのときどう思って、それから後の人生がどう変わって。それがみんなジャーニーや言うんですよね。これ、なかなか日本でこんな言い方するのはあんまりないと思うんですけれども。まあ、それ、そういう話ちょっと耳にしてから、ああ、そうなんだな。まあ、そういう意味では、私もがんになってから後、いろいろ自分の方向性も変わってきてるし、ああ、これもみんなジャーニーなんだなと。まあ、でも、がんになってみればなっただけ、それなりに別の体験が味わえるんで、だからといって皆さんにがんになるのをお勧めするわけじゃないけれども(笑)、うーん、やっぱりそれはそれで、ちょっと、人生の体験としては、いい体験かもしれませんね。何もマイナスの面ばっかり、強調して考える必要はないと思いますんで。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(92) ["name"]=> string(33) "生きること、命への思い" ["slug"]=> string(6) "inochi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(92) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(26) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(92) ["category_count"]=> int(26) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "生きること、命への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "inochi" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る