※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

診断時:56歳
インタビュー時:59歳(2008年5月)
近畿地方で設計事務所を運営。2004年秋、頻尿のため地元の病院を受診。PSA値147、グリーソン・スコアは9(5+4)、病期はDに近いCと診断される。セカンドオピニオンを聞きに行った病院で、5年生存率は2割と聞きショックを受ける。インターネットで、IMRT(強度変調放射線治療)をやっている病院を見つけて、治療を受けた。ホルモン療法は放射線照射前のみ。術後3年余り経過してPSA値は安定している。

詳しいプロフィールを見る

今もまだね、うち、ほとんどもう皆、あの、言ってますけど、私の身内で知らないのが1人・・・私のね、母親だけはいまだに知らないですね。まあ、もう今、脳梗塞患ったりして今も病院に入っておるんですけれどもね、当時は、その、まだ病院にずっと、寝てたわけじゃないですけれども、私の場合は親父をやはり、あの、これは咽頭がんですけれどもね、えー、それで亡くしてますし。もう随分昔の話なんでやっぱりなかなか簡単には治らなかったころの話ですから、えー、私の母親もまだ、自分の親父を亡くしたころのイメージのままですから、がんと聞いただけで、ああぁと言うてしょげるのがもう目に見えてますんで、これはちょっと今さら、あの、話してどうなるもんでもないから、まあ、それ以外の全部、きょうだいもみんな知っとるんですけれども、母親だけはいまだ知らんじまいですね。で、幸か不幸か、不幸かいうか、私は入院はしてたけど、週1回ぐらいちょっと帰れてましたのでね、当時かて、あの、母親と同居しとったわけじゃないんですけど、しばしば様子見に寄ってましたから、治療しながらでもちょこちょこ涼しい顔してのぞきに行ってましたもんで、そんな夢にもがんで治療してるなんて絶対知りませんでしたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る