※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

診断時:56歳
インタビュー時:59歳(2008年5月)
近畿地方で設計事務所を運営。2004年秋、頻尿のため地元の病院を受診。PSA値147、グリーソン・スコアは9(5+4)、病期はDに近いCと診断される。セカンドオピニオンを聞きに行った病院で、5年生存率は2割と聞きショックを受ける。インターネットで、IMRT(強度変調放射線治療)をやっている病院を見つけて、治療を受けた。ホルモン療法は放射線照射前のみ。術後3年余り経過してPSA値は安定している。

詳しいプロフィールを見る

その後、針生検といいますかね。生検が行われて。前立腺の試料、サンプルを採ってくるわけなんですけれども。あれもやり方が後でわかりましたけれどもね。直腸の中に、ブローブいうんですかね。それを突っ込んで針で採ってくるやり方とですね、それからあと、会陰からバチンと、鉄砲の先に針が付いてるようなやつで打ち込んで採ってくるやり方と2種類あるんですけど。私の場合はなぜかですね、その会陰からのやり方でやられたわけですよね。これは非常に痛いんですよ。で、結構、通常のやり方でやられた方の話も読んでたら、痛いと書いておられる方もネットでは見つけてたんですけれど、そう大したことないという具合な表現もありましたんで、あまり気にはしてなかったんですけれども。受けるとですね、もう死ぬほど痛いわけですわ。で、これがですね、まあ、ほかの病院の例というのは、あんまりたくさんは知らないんですけれども、検査するのも、まあ、若い看護師さん1人は横に付いてくれましたけれども、実際やるのはその先生1人で、まあ麻酔科も何もそういう先生はおらないわけですよね。まだ非常に…30ちょっと過ぎぐらいの、お若い先生なんですけれども、その先生が1人で麻酔注射も打って、1人で全部サンプルの採取まで、皆やられたわけですけど、麻酔が全然効いてないわけですよね。全然効いてない形のまま次々やられて、こちらが痛い痛いと言うもんで、後、局所麻酔といいますか、外から麻酔をどんどん打たれるんですけど、7本、8本ずんずん打たれるたんびに、まだだいぶ痛いんですね。で、サンプル採取が、結局11本私の場合、採ったんですけれども、7~8本ぐらいまではもう死にそうに痛くて、最後の数本だけやっと麻酔が効き始めて比較的落ち着いてきたと。だから、打ち方が悪かったのかですね、その麻酔の効く時間が待てなかったのか、ちょっとよく分からないんですけれども。もう…声はなんぼ我慢しても、あの、顔全体から脂汗がにじみ出るといいますかね。顔が青うなって脂汗がだあーっともうべとべとに出てくるぐらいの痛さなんですよね。こんな検査は駄目だぞと。やはり患者をつかまえて検査するのにですね、まあ、どう言いますかねえ、野戦病院でね、そういう麻酔も何もないときにやるんだったら別でしょうけれども、普通の病院でやっぱりそういう検査をして…というのはちょっと信じられない思いでしたですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る