※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー10

診断時:64歳
インタビュー時:75歳(2008年5月)
東海地方在住。学校法人の理事をしていた1995年に診断を受けた。その5年ほど前から残尿感があり、前立腺炎の診断で投薬を受けていたが、改善したので自分から通院を中止した。1995年10月、再び残尿感が出てきたので受診したところ、PSA値が22で、生検の結果、前立腺がんと診断された。翌年1月に根治的前立腺摘除術を受けたが、術後10年を経て少しずつPSAの値が上がってきたので、再治療を検討している。

詳しいプロフィールを見る

で、あの、当時の理事長に、実はこういうことで前立腺がんと言われましたと。で、あとでお話しますけど、その選択した手術を受けて退院しますんで、よろしくお願いしますと言ったら、理事長は「わかった」と、「十分ちゃんと手術して元気で帰って来い」と。「君がいない間はまあ、君はちょっと休職のようにしといて、代理を立てて、また帰って来てたら、君にやってもらうから」というように話されましてね。で、その勢いでもって、理事会のところでいきなり、実はこういうことですって、こう言ったんですね。そうしたらみんなが 「えーっ!」とかいうふうなことで、びっくりして、まあなかなか会議が前へ進まなかったんですが、まあそれはそれで、みなさんにご迷惑をかけますがよろしくお願いしますと、いう形で話しまして。
また部下のほうには、当時20人ぐらいおりましたけれども、朝礼のときに実は前立腺がんになったと。手術をする、そしてまあ1カ月ぐらいは仕事は空けるから、みんな頼んだよと、こう話しました。そしたらね、みんなシーンとしちゃってね、もう固まっちゃたんです。で、朝礼はほかのこともあって、次の私の部下の部長あたりがなんかちょっといろいろなことを言って終わっても、もう私の部屋のあれはなんか空気が固まっちゃったような、凍っちゃったようなのがしばらく、続きましたですね。だからもう一切病気のことやなんかっていうのは、部下はもう、なんとも言ってこないんです。私は当時今、今よりも10何年も前、がんになったらなかなか治りにくいという、まあ当時はまだそんなことですわね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(90) ["name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["slug"]=> string(7) "shigoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(90) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(90) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["category_nicename"]=> string(7) "shigoto" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る