※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー10

診断時:64歳
インタビュー時:75歳(2008年5月)
東海地方在住。学校法人の理事をしていた1995年に診断を受けた。その5年ほど前から残尿感があり、前立腺炎の診断で投薬を受けていたが、改善したので自分から通院を中止した。1995年10月、再び残尿感が出てきたので受診したところ、PSA値が22で、生検の結果、前立腺がんと診断された。翌年1月に根治的前立腺摘除術を受けたが、術後10年を経て少しずつPSAの値が上がってきたので、再治療を検討している。

詳しいプロフィールを見る

そして、はい、取り出した物はって、取り出した物をこう見せてもらって、ここ、ここが悪かったんだよって言うけど、そこはちょっとこう、色が付いてるぐらいでね、こんなもので、そんなのかなあと、もう自分じゃあ思ったんですけど、そういうものを見せてもらって、まあどうやら人心地がついた。そしたらもう寒くなってきましてね、ものすごく。ガタガタ、ガタガタ、もう寒くなってきて。寒いので、看護師さんに言ったらもう、すぐ看護師さんが電気毛布を持って来て、体に巻いてくれて暖かくなった。そして落ち着いてきたら今度は熱が出てきました。その日と翌日ICUで泊まったんですけど、38度7分ぐらいのがまあ、2日ぐらい続きました。でもあの、確か先生がおっしゃってたのは、人間の体って良く出来てるもんで、やっぱり障害があると、やっぱり感染症にかかったらいけないですから、熱を上げて細菌なんかを殺すようにそういうふうにしてる。風邪のときもそうだからねと。むやみにやたらに温度を下げてもいかんと。だからそういうことになっているんだから、まあそう気にせずに、ということで、2日ほど入っておりましたら、熱も下がってきまして、自室へ、自分の部屋に帰りまして。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(75) ["name"]=> string(12) "手術療法" ["slug"]=> string(7) "zenteki" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(75) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(75) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "手術療法" ["category_nicename"]=> string(7) "zenteki" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る