※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー10

診断時:64歳
インタビュー時:75歳(2008年5月)
東海地方在住。学校法人の理事をしていた1995年に診断を受けた。その5年ほど前から残尿感があり、前立腺炎の診断で投薬を受けていたが、改善したので自分から通院を中止した。1995年10月、再び残尿感が出てきたので受診したところ、PSA値が22で、生検の結果、前立腺がんと診断された。翌年1月に根治的前立腺摘除術を受けたが、術後10年を経て少しずつPSAの値が上がってきたので、再治療を検討している。

詳しいプロフィールを見る

今度はもう、車(ストレッチャー)へ乗せられて手術室へ入りましたけど。手術へ…あ、その前に病室で、なんか注射をされました。どういう注射か、催眠剤なのか精神安定剤かよく知りませんけど、そうして手術室へ入る。手術台に寝かされて血圧計を付けられる。そうするとその血圧の数値がすっともう画面にこう出てって、「ああ、テレビで見てるようなもんだなあ」とのんきなことを思いまして、真っ裸にされてもですね、そして上の手術灯がピカーッとこう、強烈に光るのを見ながら、あーっと思っておりましたら、次はあの脊椎のところへ神経ブロッカーだろうと私は思うんですけど、神経を、痛みを止めるための何かこう、針みたいのを刺してこう、なんかその先に薬剤があるのかどうかよく見ませんでしたけど、そういうものを付けてくれました。そうしているうちにね、もう記憶がなくなっちゃった。もうスーッと記憶がなくなったんですが、その間の記憶はなくなったけど真っ暗。もう、何て言いますかね、映画でももう真っ暗な画面を見ているような、それだけしかないんです。そんなあれがあって、気がついたのはICUですか、そういうところへ連れて帰って、車(ストレッチャー)に乗せられて連れて帰ったときに、ひょっとこう見たら蛍光灯の光がぼんやりして、ああ、蛍光灯の光だ、ああ、僕は生きておったんだ、と思ったのがちょっと本当にちょっとこう嬉しくなりましたけど。そこでこうずーっと意識が(戻って)。だから手術自体はずいぶん早く済んだようです。4時間っていうのが麻酔をかけて(麻酔が)覚めるまでをいうのか、よくわかりません。しかし実際に手術をしている時間は非常に短かったと、あとで付き添いの先生がおっしゃっておられました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(75) ["name"]=> string(12) "手術療法" ["slug"]=> string(7) "zenteki" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(75) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(75) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "手術療法" ["category_nicename"]=> string(7) "zenteki" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る