※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー10

診断時:64歳
インタビュー時:75歳(2008年5月)
東海地方在住。学校法人の理事をしていた1995年に診断を受けた。その5年ほど前から残尿感があり、前立腺炎の診断で投薬を受けていたが、改善したので自分から通院を中止した。1995年10月、再び残尿感が出てきたので受診したところ、PSA値が22で、生検の結果、前立腺がんと診断された。翌年1月に根治的前立腺摘除術を受けたが、術後10年を経て少しずつPSAの値が上がってきたので、再治療を検討している。

詳しいプロフィールを見る

細胞を採って検査をするっていうことも、私は最初簡単に思っていたんです。ところが案外そうじゃなくて、入院をして、お腹の中をまあ空っぽにして、下剤はかけられるやら、まあ食事もしませんですわね。そして検査の日を迎えたんですけど。まあ検査は、実際にはどうやってるかはよくわかりません。お腹の向こうにこう、布(きれ)がかかっていましてよくわかりませんが、前立腺って、普通まあ栗より大きいくらいのところを、先生がおっしゃるには12等分して、そこから1つずつ細胞を採ると。そして検査しますよということだったんですね。それで、その主治医の先生は院長だったんですけど、それから直接作業するドクターと2人で話をしながら、私はもう下半身麻酔されていますから、何か採る器具を挿入されたって、全然痛みも何もありませんですね。それで、ただそれを入れて採る瞬間に「カチン」って音がするんですね。それが何かこう気持ちが悪くてね。そうしてそれを、まあ12回音を聞いて、やっと済んだかと。そうしたらその採る作業をするドクターが、それぞれ1つの細胞を採ったやつを、1つ、何て言いますか、入れるガラスの瓶のようなものに入れましてね、そいつを12本見せてくれました。で、こうやりますと細胞がちゃんと1つずつ浮いてるんですねえ。まあそういうのを見せて、これで検査しますからということを言ってくれまして、それでまあ、その日は帰ってきたんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る